◆ 研究情報、学術情報への玄関口 ◆


■はじめに

皆さんは、研究、学術、論文などについてどのようなイメージをお持ちでしょうか。
難しい、役に立たない、机上の空論、触れる暇がないなど、いろいろなイメージをお持ちでしょうが、ちょっと触れてみるのも悪くありませんよ。
なぜなら、一昔前と違い、インターネットを利用して、だれもが簡単に専門的な情報に触れられるようにデータベースが構築されてきていますから。
しかし、一般的なキーワード検索(GoogleやYahoo等)だけではそれらの情報は簡単に見つけることはできません。
なぜなら、体系的に整理された研究情報は、そのデータベースの入口から入らないとアクセスできないからです。


■研究情報、学術情報へのアクセス

ここでは、研究所で使用している研究情報の検索サービスの一部を紹介します。


方法1:調べたい情報の種類から、適当なデータベースを選ぶときはこちら!

  (例)○○について研究している人を探すには、どのデータベースがいいかな?
     ○○についてどんな論文があるか探すには、どのデータベースがいいかな?


方法2:情報検索の行動別に、適当な検索サービスを選ぶときはこちら!

  (例)まずは、○○について書いてある本や論文を探したい。
     「○○」という研究論文を実際に読みたい。


■注意点

1.紹介したデータベースは一例です!
 ここでは、無料あるいは極めて安価なデータベースの一部を紹介しました。
 そのほか、民間系のデータベースも存在します。

2.データベースがすべてではない!
 これらのデータベースが、すべての研究情報を網羅しているわけではありません。
 あくまでも情報収集の第一歩としてご活用ください。